ずっとお城で暮らしてる

趣味にまつわる記録簿です。小説の感想がほとんどです。

黒牢城で渦巻く"信念"

米澤穂信さんの『黒牢城』を読みました。

 

発売当初に買っていたのですが、見た目からして重厚感が凄そうで、しばらく積読して熟成させていました。時代小説を普段はほとんど読まないので、戦国×ミステリという物々しさにちょっと手が出てなかったのもあります。

 

ですが最近、あれよあれよというまに様々なランキングや文学賞で1位を獲られています。これ以上、私の中でのハードルが上がってしまう前に読まねばなるまい!と思って読みました。

 

端的な感想としては、「この人すげぇもん書くな…」です。ミステリ的な面白さと時代小説的な面白さが互いに見事な相乗効果を生み出しており、一作全体として積みあがっていく面白さと深さは小説一作とは思えないほどです。

 

これを可能にしているもの、ミステリと時代小説を見事につないでいるものとして、"信念"が重要なキーワードであると感じました。事件を解く探偵役(戦国時代の話なのに探偵役っておかしい気がするが…)には、解かねばならない切実な想い、そこにつながる"信念"があって、事件に向き合っています。そして事件の犯人にしても、その事件を起こした背景にはその人の"信念"がしっかりとあり、魅力的に描かれています。つまり、事件がトリックのためにあるのではなく、人のために存在しているんですね。

 

こういった形式で、ミステリ的展開によって明らかになる"信念"が、時代小説的な面白さにもつながるわけです。時代小説は、大枠や出来事自体は史実に沿わせる一方で、各人物がそういった行動を取った背景にある"信念"を解釈し、描くことが魅力であると勝手に思っています。本作では、事件によってこの"信念"を見事に抉り出し、時代小説の魅力として昇華させています。

 

さらに、物語内での事件とその解決というミステリのみならず、この物語全体としての、米澤さんの史実解釈においてもミステリたり得る、というのがすごいです。荒木村重黒田官兵衛を中心に、戦国時代の人物が何故こういった行動を取ったのか、それを米澤さんがミステリ的に解き明かしている構造にもなっていると感じました。

このあたりは北村薫さんの『六の宮の姫君』に通ずる所があり、おそらくはこの境地を目指して描かれたものであろう、と想像します。

 

小説としては時代小説の方がベースになっているのでスイスイ読める感じではないことと、私自身の知識不足もあり場面が想像しにくかったこと(事件現場がどういう立体構造なのかいまいち不明、等)は挙げておきます。ただし、普段時代小説を読まない私でも基本は難なく理解できる描写になっていたり、明らかに難しい単語についてはサラッと単語紹介が挟まれていたりと、読むのが苦にならない工夫もされていて、私は楽しく読めました。

 

では、以下はネタバレありで内容に触れていきます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【雪夜灯籠】

本作の事件現場が、一番イメージしにくかった所です。自念が閉じ込められていた納戸は窓か何かがあったのだろうか?納戸の大きさと警備の人の配置関係はどんなもんだったのか??このためトリックは少々理解不足な感があります。

時代小説的な文体や戦国の雰囲気については比較的早く慣れ、早くも物語に浸透し始めることができました。自念…悲しいけれどそういう時代なのだものね…。

そして村重の"信念"がはやくも魅力的に描かれています。織田家に謀叛し、人質を殺さない"信念"、それらを背景とすることで伝わってくる事件を解決しなければならない"切実さ"…。

それにしても官兵衛の安楽椅子探偵ぶりがすごい(笑)。この設定というか解釈をした米澤さん天才か。

そして今振り返ると、火鉢のシーンは意味深すぎたな…。この編内ではあんまり回収されてなかったし。

 

【花影手柄】

ここでも、発生する謎と、それを解決しなければならない村重の切実な事情が、とても面白いです。官兵衛のことを利用しているようでいて、完全に依存してますよね…。段々と村重の求心力が落ちていくさまも、リアルでした(戦国時代の話にリアルとはこれいかに…)。

それにしても、事情を聞くのに茶室というカモフラージュをしないといけないとは、大変ですね。現代以上に、求心力のマネジメント能力が求められている時代…。

後から見返すと、なるほど首をすげ替えた点は確かに未解決事項だったか…。うまくミスディレクションされました。

 

【遠雷念仏】

寺男を死んだように見せかける芸当、すき。正確には犯人目線でのどんでん返し展開、すき。

五本鑓が話が進むごとに死んでいくの悲しい…。

本作は時系列で出来事をまとめるくだりがあるなど、いかにもミステリっぽかった。米澤さん短編作品の魅力の一つは、一作で色々なジャンルのミステリを味わえる所だと思っています。

ラストの落雷死は衝撃的すぎて笑っちゃったけど、戦国時代という魔法の下では不思議と「まぁそういうこともあるか…」と思ってしまった。

 

【落日孤影】

最期を締めくくるのにふさわしい編です。求心力が明らかに落ちていく中でもがく村重の"信念"。そして全ての事件の裏側に潜んでいた千代保の"信念"。官兵衛が村重を手伝ってきた裏に隠されていた"信念"。これらが明らかになるというミステリ的面白さと、各人物の人間味が急上昇することによる時代小説的面白さ。

序章で語られる"因果"についても伏線回収がなされていて、よい。

 

【果】

ものすごく大河ドラマのラストっぽい。各人物のその後を史実をもとに触れつつ、最後は官兵衛の内省とその後で締めくくる。あぁとても面白かった。

 

【過去の米澤作品との類似点】

史実をミステリに仕上げる構成は、『さよなら妖精』やそこから続く大刀洗シリーズの系譜を感じます。"信念"というテーマは、『王とサーカス』や『満願』から意識されているように感じます。ラストの雰囲気は、一瞬『犬はどこだ』を彷彿とさせましたが、後味はマイルドに仕上がっていました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

フーダニットやハウダニットで解決までの道のりを楽しませつつ、最終的にはホワイダニットに持ち込んで時代小説的面白さへと昇華させる、『戦国×ミステリ』という異色ジャンルでありながらも王道を往く面白さでした。