ずっとお城で暮らしてる

趣味にまつわる記録簿です。小説の感想がほとんどです。

石北会計事務所のチャラ男

絲山秋子さんの『御社のチャラ男』を読みました。

 

絲山さんとはこれまた私としてはお初です。最近は開拓シーズンに入っています。

 

会社に居るチャラ男の周りの人々の物語がバトンリレー的に展開されていく多人数視点の小説です。この多人数視点のお話として非常に完成度が高く、大満足の社会人小説でした。

 

どの登場人物も、『あぁ~こういう人私の近くにもいる~~』という人たちばかりで、絲山さんは現実を抉り取る力が非常に高いな…と感じました。各々の持つ"正しさ"がしっかりと描かれることで、自分とは全く違う人物にも寄り添うことができたし、こういう"正しさ"の違いが、表面上でこういう対立に繋がっていくのだな…というのを少し理解できた気がします(あくまで小説なのだからこれで現実を理解した気になってはいけないよ私…)。

 

それでは以下はネタバレありで書いていきます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

本作は、気に入った表現を引用していく感じにします。

 

『そういう言葉が好きなひとのことを、これ、私だけかもしれないけど、石北会計事務所って呼びます。』

p36。石北会計事務所の響きがすき。

 

突然の変更が苦手なひとというのは、世の中にはけっこういる。

p103。これなのよ~~。いい悪いという話ではないけど、この感性の違いだけで意見がすれ違うことがままあると感じる。

 

『休みをください』とかれらは言う。けれども激務は続けていきたいと思っている。もっと痛い目に遭いたいとすら望んでいる。

p127。これね~~~。

 

人間は喜ぶために生まれてきたんだよ。

p133。これまでチャラ男さんの良くない所ばかり描かれてきて、理解不能の存在と思っていたのに、ここで急に『あ、この人私に似てるかも…』と思ってしまった。つまり…??

 

最初の一歩を踏み出す前に完成予想図の上空をぐるぐる偵察飛行するのはやめようと思った。

p206。あ~~今の私に刺さります。

 

ほんの少し構図が変わるだけでいつまでも見飽きない地獄の万華鏡。

p272。これね~~~(2回目)。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

絲山さんも表現力の化け物ですね…!また別の作品読みたいです。

小説というマスメディア

羽田圭介さんの『成功者K』を読みました。

 

羽田さんは、小説としてはお初なのですが、宇佐見りんさん特集回の『タイプライターズ』に出演されていたり、YouTubeでも少しお見掛けしたりしていました。

 

宇佐見さんの影響で純文学というものへの興味が強くなってきているので、羽田さんの作品を読もう!と思い、どなたかがオススメしていた本作を読みました。

 

設定がかなりトリッキーな感じで、羽田さん一作目として適切な選書だったのかどうかは分かりませんが、とにかくめちゃくちゃ面白かったです…。

 

芥川賞を受賞した成功者Kが、テレビに出まくることで人生が変わっていく(狂っていく?笑)というお話で、表紙にも羽田さんの写真が使われており、実話であるはずのない設定なのに謎の実話感を感じさせるのがとても面白かったです。

 

中盤までは成功者Kの少し行き過ぎた私小説風といった印象で、今まで私が持っていた純文学の印象とは違いました。純文学は自由度が高いので、なるほどこういうのもあって奥が深いなぁ~と思って読んでいたのですが、結末のあまりの芸術性の高さに、『なるほどこれは純文学だ!!』と謎の納得感がありました。

 

それでは以下はネタバレありで書いていきます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■ タイトルが秀逸

これは読んでいる中の序盤で気づいたのですが、『成功者』は『性交者』とかかっていますよね笑。直接的すぎて笑ってしまった。

それだけではなく、『成功者K』という表現自体に込められた想いというか、『成功者K』とKが乖離している様というのが分かってくると、タイトルとしてこれ以上のものはないなと思いました。

 

■ 謎に高いリーダビリティ

設定はぶっ飛んでるし、成功者Kはひたすら性交するめちゃくちゃな展開なのですが、何故か読みやすい不思議な小説でした笑。成功者Kの危うさ・刹那性からくるハラハラがそうさせるのでしょうか…?スイスイ読んでしまいました。

 

■ 結末の芸術性の高さ

ぶっ飛んだ設定と中盤までの成功者Kの奔放さとは裏腹に、小説としての芸術性が非常に高いなと感じました。『成功者K』の経験を小説として書き上げ、テレビのディレクターから『成功者K』ではなく『素のK』を求められた辺りから、急速に『成功者K』という幻が散っていく。幻と現実の境界が非常に曖昧ですがそこはまさしく純文学といった感じで、ある意味でこれまで全部が幻、過度な誇張であったと読み取れます。

めちゃくちゃややこしいことを書きますが、『成功者K』という小説が、本作中に登場する過度な誇張を良しとするテレビと同種のマスメディアである、という非常にメタ的な構造なのだと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

純文学は、まだ数えるほどしか読んでいないのですが、着実に沼に向かって歩いているなというのを感じています。とりあえず、羽田さんの作品を読みたいな。次はやはり芥川賞受賞作とかがいいのかな。

従業員総選挙

桂望実さんの『総選挙ホテル』を読みました。

 

桂さんは今回がお初です。題名のインパクトが強いですよね。内容みなくても読みたくなってくるレベル。

 

本作はとあるホテルで働く従業員による多人数視点のお話です。結構設定が思い切った形になっているのでそういう意味では現実味はないのですが、その中で働く一人一人の仕事に対する取り組み方は非常にリアルで、王道のエンタメお仕事小説だったと思います。何より構成がステキでした。

 

では、以下ネタバレありで書いていきます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■ 構成がステキ

なんといってもこれですね。ホテルが変わる前の従業員によるインタビューから始まり、総選挙などの改革を経て、最後にたどり着いた所で再びインタビューが実施されるこのエモさよ…。

 

■ 多人数視点だけど一体感が強い

多人数視点で、ホテルと一言で言っても仕事の分野は多岐にわたっていてバラバラなんですが、不思議と一体感を強く感じながら読むことができました。

なにより、橋本さん(主人と来たことのあるホテルに再訪されたおばさま)のくだりが完璧すぎました。これぞ王道のお仕事×エンタメ×多人数の展開ですね!

 

■ 心情はとてもリアル

本作は、設定についてはかなりエンタメに寄っているのですが、各登場人物の心情はとてもリアルで、社会人の私として共感するところが多くありました。

 

会社員時代、毎日を無駄遣いしているようで焦りを感じていた。手応えが欲しかった。ちゃんと自分なりの最高の人生を歩んでいるとの実感が。

 

p171のこの表現が一番刺さったかな~。まさしくいまの私が直面していることだと思う。詳しくは書きません笑。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

最近、こういうザ・エンタメをちょいちょい挟むことに成功しているので多様な読書になっていてハッピーです。

愛と呪いと祈り

凪良ゆうさんの『汝、星のごとく』を読みました。

 

凪良さんは、現在の私の"最推し"と言っても差し支えない存在で、本作は約2年ぶり?くらいの新作となります。

 

凪良さんはこれまで"生きづらさ"を抱えた特殊な人たちを多く描いてきましたが、今回も大きなテーマはそのままに、題材を"男女の恋愛"とした作品です。

 

というわけで一応、恋愛小説ということにはなるのですが、それ以外も非常に多彩な要素が盛り込まれていました。それらがことごとく現在の私の状況とリンクする部分がありすぎて、『え?凪良さんもしかして私の現状をすべて把握して本作書いた??』と思ってしまうレベルでした。大切な一作になりました。

 

それでは、以下はネタバレありで書いていきます。

あ、ちなみに、リンクする部分が多い『くるまの娘』についてもネタバレを含みますのでご注意ください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今回は本作で取り上げられた?テーマごとに書いていこうかなと思います。

 

■ 家族について

本作のテーマとして、個人的には恋愛というよりも家族という方がしっくりきます。それくらい、本作で重要な部分を担っていました。

本作には、子を頼る親が何人か出てきます。親子逆転のような状況です。こうなってくると、比べざるを得ないのが直近に読んだ『くるまの娘』です。自分が経験したわけでもないのに、かんこの人生をもとに暁海や櫂の人生を覗いているような印象でした。

瞳子さんから、親から離れて自分のために生きることを勧められますが、主人公の一人である暁海は母親の傍にいることを決めます。

[ごめん、東京行けない]

[お母さんをひとりにできない]

ここで決定的なのは、暁海の能動的な選択に見えて、諦観であるということです。「東京行かない」ではなく、「行けない」ということです。

『くるまの娘』のかんこについては、親との関係に苦しみながらも、家族ごと救ってくれることを自ら願い、自分の意思で家族であり続けています。

この、能動的選択であるかどうか、というのは非常に重要で、同じ苦しみでも当人にとって意味が全く変わってくるものだと思います。だから、暁海はずっと耐えているような精神状態だったんだろうなと思います。

 

「家族とはいえ他人」というのも、「親子という関係の特殊性」というのも、どちらもわかるだけに、正解のない問いだと思います。だからこそ、正解か不正解かよりも、能動的選択であることが重要なのではないかなと本作と『くるまの娘』を比べて、強く思ったところです。

 

■ 櫂と暁海の恋愛

中盤のすれ違いにかけての流れはとても良く、王道な感じがしました。それだけに、正直に申し上げれば終盤にかけて再び暁海→櫂の想いが膨れ上がるのが分からなかったです。それだけ、恋愛がいかに魔性かを表している(愛という呪いにかけられている)ということでもあると思うし、単純に私が暁海のことを理解しきれていないのだと思います。暁海のような価値観を理解できれば、もう少し私の世界が広がりそうなので、非常にもどかしい…。

 

わたしにとって、愛は優しい形をしていない。どうか元気でいて、幸せでいて、わたし以外を愛さないで、わたしを忘れないで。愛と呪いと祈りは似ている。

 

これは非常にビビッときたフレーズです。愛と呪いと祈りが似ているのは全力で同意する。1~2文目をもっと解釈できるようになれば、暁海をもっと理解できるのだろうか…。またこの文にかけての流れを再読したいなと思いました。

 

一旦ここまでの流れは置いておいて、終盤合流してからの流れは完璧といっていいほどでした。

 

とはいえ、結局一番のがんばれる理由は『ここはわたしが選んだ場所』という単純な事実なのだと思う。

ここで恋愛のストーリーと家族のストーリーが非常にうまく収斂していき、能動的選択の重要さを実感する展開なのは非常にエモいです。

 

そして花火のシーン…ラストの切なさといったらない。

 

■ 色々な愛

恋愛以外にも、凪良さんお得意(こう書くのは失礼かもしれないが)の、生きづらさを抱えた人同士の愛が様々描かれていて、非常に満足でした。

櫂と尚人のコンビ愛、櫂と編集者コンビの愛、暁海と北原先生の愛、北原先生と教え子の愛…。形は違っても、確かにお互いを支える重要な柱です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

どうか暁海が、櫂のもとに往くまでの間にも少しでも幸せを感じることのできる世の中でありますように。

有能執事ジーヴズ

P・Gウッドハウス岩永正勝小山太一編訳の『ジーヴスの事件簿 才智縦横の巻』を読みました。

 

私の本棚ではごく稀に登場する海外文学です。私としては初対面の方ですが、界隈では余りにも有名なお方のようですね。

 

本作はポンコツ主人と賢明な従僕という王道の設定で、どまんなかを往く面白さでした。こういった作品の登場人物は設定先行型のキャラになりやすいのですが、本作はバーティにもジーヴズにもしっかりと人間味を感じました。久々に思いっきり楽しめた気がします。

 

海外文学が苦手な方でも問題なく楽しめるタイプのやつです。

 

では、以下はネタバレありで書いていきます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ジーヴズの初仕事

ここですでにジーヴズはバーティの調教に成功しているんだよねぇ…(笑)。ジーヴズの策略が非常に丁度よい…頭が切れる人から一歩だけ人外に向かって歩いたくらいのレベル感なので受け入れやすい。

 

ジーヴズの春

登場人物が増えてきますが、キャラが非常に立っているので、海外文学あるあるの人物ごっちゃごちゃ事件は起きずに済んでいます。ビンゴ君がこの後もこんなに活躍(?)するとは(笑)。

 

■ ロヴィルの怪事件

アガサ叔母を痛烈にひっぱたく回ですね。ジーヴズの人脈・知識の広さが光ります。この編だけじゃないけど、中盤にジーヴズが批判した服装をオチで捨てるバーティ、それを予め予期して捨ててるジーヴズの構図が様式美すぎてすき。

 

ジーヴズとグロソップ一家

『わたしなら、何とかあなたをものにできるはず。』に笑ってしまった。

 

ジーヴズと駆け出し俳優

ジーヴズの暗躍ぶりが特にすごい回。オチも一枚上手。

 

■ 同志ビンゴ

このオチもすき。

 

■ バーティ君の変心

ラストだけジーヴズ語りなの、バランスが良い。ジーヴズの人間味も感じられたし、ジーヴズ→バーティにも感情があるということが分かってよかった。理由までは詳しくは語られなかったけど、別の編で語られたりするんかな…気になる。

それにしても女学校に仕向けて講演させるの荒治療すぎてすき。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

とても心地よい読書でした…!

とりあえず同じようなシリーズでもう一冊あるようなので読みます。

 

子から親への愛

宇佐見りんさんの『くるまの娘』を読みました。

 

『推し、燃ゆ』と『かか』で宇佐見作品の虜になっていた私を、ダメ押しで虜にするような作品でした。完全に宇佐見作品は私の推しとなりました。

 

本作は、『推し、燃ゆ』と『かか』でも語られたような"家族"がテーマの作品です。家族という枠組みにける混沌と地獄が生々しすぎるほどに生々しく、そしてぎゅうぎゅうに詰め込まれていました。"家族"というテーマについては、前2作よりももっと深い所まで潜ってきているけれど、もっと混沌としていて正解のない世界まで到達してしまっているなぁという感じでした。

 

どちらかというと『かか』に近いので、『かか』好きの方は特にオススメです。

 

それから、相変わらずえげつない表現力でした。今回もそんなにページ数が多いわけではないのですが、1文1文噛みしめながら読んでいたので、非常に体力を持っていかれる読書でした(いい意味で言ってます)。比較的我々も持つことがあるような感情を、鮮やかに描写するので、自分の心の中をつまびらかにされているような、現実世界の私の思考に強く影響を与えてくるようなパワーのある作品です。

 

では、以下はネタバレありで書いていきます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今回も、感想というよりは、えげつない表現ポイントを引用していく感じにします。

 

かんこは光を背負っている。

p4。冒頭です。この1文では読み取り切れないけど、後ろの文で、あぁこの感覚を『光を背負っている』と表現しているのか!!となって初っ端からやられました。

 

話しながら、一時的には原因をつきとめたようにも思われるのに、礼を言って外へ出て、蒼い芝を踏んだ瞬間にはもう違っていると思った。

p8。この感覚も知っている…。諦観につながる感覚です。

 

ひっついた内ももの皮膚をはがしとるように、両膝をひらいた。

p15。『皮膚をはがしとるように』って…まさしくあの感覚じゃんね…天才か??

 

突然あらゆるものが他人面をしだす暮れどきだった。

p33。そうか、暮れどきに感じる不安は他人面をされているからだと思うと妙に納得した。

 

かんこが、本気で親を守らなければと感じたのは、そのときがはじめてだった。

p46。かんこの自覚は早すぎるけれども、早かれ遅かれやってくる感情だと思うのよね…。親もただの人間であると知ることから来るものでもあるし、見過ごされがちだけど子から親への愛情ってのは無視できないよね…。

 

節分の豆は鬼を痛めつけるために投げるのではない。豆を投げてみせることで、内の者を安心させるためにする。

p67。この行為は人間の活動の半分くらいを占めると思う(暴論)。

 

あたえられた苦しみをどうにか肯定するには、あえてその苦しみを取り込んだ上で突き進むという選択肢をとるしかなかったのだろう。

p72。苦しみを苦しみのまま肯定するという道もあるのか…。今まで気づけなかった価値観の存在だ…。

 

何かが起こり、それに傷ついても、気づくとなあなあに溶け込んでいる。

p81。これは家族レベルのコミュニティに特有な、それでいて誰しも経験したことがあるであろう感覚だ。なあなあに甘えがちな人間なので、ここでビシッと線を引ける人をいつも自分とは異なる人種として見つめている。

 

助けるなら全員を救ってくれ、丸ごと、救ってくれ。

p83。本作の一つの到達点だと思う。『かか』の『にんしんしたい』くだりに相当するレベルの。

 

「結局、助けてくれないわけじゃない、誰も。国がどうなったって、時代がどうなったって人間が人間である限り何も変わらない気がする」

p87。まじでこれ。

 

父もまた、背もたれを蹴るような、つまり「被害に対する正当な抵抗」の感覚で、家族に対して力を行使していたのではないか。

p121。なるほど…。つまり「正当防衛」の解釈の違いに起因すると。この目線は確かに必要かもしれない。

 

あのひとたちはわたしの、親であり子どもなのだ、ずっとそばにいるうちにいつからかこんがらがって、ねじれてしまった。

p123。第二の到達点。かんこほど強烈な状態ではないにせよ、多くの人が持つ感情ではないのだろうか?先程も触れたように「子から親への愛」というものが一般化されていないから、あんまり見えてこないし、社会的立場も影響して、こんがらがっているように感じるだけで、想いそれ自体は、すごく普遍的なものなんではなかろうか。まぁ普遍的だからなんやねん、という話ではあるけれど。

 

もつれ合いながら脱しようともがくさまを「依存」の一語で切り捨ててしまえる大人たちが、数多自立しているこの世をこそ、かんこは捨てたかった。

p124。強烈だ…強烈なかんこの叫びだ…。

 

柔らかくぬるく、ありふれた地獄だった。~(中略)~。地獄の本質は続くこと、そのものだ。終わらないもの。繰り返されるもの。

p131。はちゃめちゃに同意。的を得すぎていて怖い。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

毎度思いますが、宇佐見作品は感想書くの無理ですね。書きたくないと思うほど、自分の中に踏み込んでくる。

マシュマロ・ナイン

横関大さんの『マシュマロ・ナイン』を読みました。

 

横関さんとは初対面です。お名前の漢字がどれも相撲を想起させるので、そういった作風なのかと思いましたが、他作品みると別に相撲関連というわけでもないようでした(笑)。

 

本作は、元相撲部の9人が突如として野球部になり、甲子園を目指すというザ・エンタメ作品です。ひっさびさに、こういうエンタメ全開の作品を読みました。

 

色々な出来事が平行して起きるので、目まぐるしい中で、特にマシュマロ・ナインの試合は1試合1試合、ワクワクしながら読むことができました。ラストにかけても、主人公を中心に鮮やかに集約されていって、読後は圧倒的にスッキリした作品でした。

 

では、以下ネタバレありで書いていきます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■ 小尾の物語

本作は、マシュマロ・ナインの物語というよりは、ドーピング疑惑で球界を追われ、高校教師として働く小尾の物語でした。

 

校長に命じられて相撲部の9人を野球部として仕上げながら、自身を嵌めた犯人を追い、最期には物語が集約しながら大団円でした。

 

マシュマロ・ナインや娘のキャラ立ちが程よいスパイスとなりながら、死人も出ているのに終始軽快に進んでいき、非常に読みやすかったです。

 

個人的には、タイトルとあらすじを見たときに、映画『少林サッカー』のような、自分たちの強みを生かしてメンバーが成長していく展開を期待していたので少しズレがありましたが、マシュマロ・ナインひとまとまりとしては非常にキャラが立っており、幸せそうにジャンボラーメンを食べる姿を想像すると微笑みたくなります。

 

茜のキャラも非常に立っていましたね。無口だけど非常に支えとなる参謀ポジでした。

 

マシュマロ・ナインの9人をもっと掘り下げてほしかった感はどうしてもありますが、それやりだしたら1作じゃ収まらないし、このテンションを2作以上続けるのも大変だろうから、難しい所ですね。