ずっとお城で暮らしてる

趣味にまつわる記録簿です。小説の感想がほとんどです。

本屋大賞2021ノミネート読破

本屋大賞2021ノミネート作品10作を、すべて読みました。 比較的ミーハーな人間なので、前々から、何かしらの文学賞のノミネート作読破とかやってみたいな〜本屋大賞がやりやすそうだな〜と思っていました。 そして今年2021年のノミネート作品には、偶然にも2…

『ぶんげいぶ?』

深緑野分さんの「この本を盗む者は」を読みました。 本屋大賞ノミネート作品10作目!!無事に読み切りました。総まとめは次の機会に。 深緑さんとは初対面でした。見るからに分厚く、またファンタジーっぽかったので最後に取っておきました。 すごく独特な世…

コーシローと光司郎

伊吹有喜さんの「犬がいた季節」を読みました。 本屋大賞ノミネート9作目!伊吹さんとは完全に初対面です。 6話からなる短編集ですが、1話ごとに「切ね~~~~」ともだえるような作品集でした。非常にセンチメンタルな気分にさせてくれる素敵な小説でし…

『あんた、人生の無駄遣いやがね』

町田そのこさんの「52ヘルツのクジラたち」を読みました。 本屋大賞ノミネート作品8作目!10作読破の目処が完全につきました。 テーマは「家族の呪縛」「多様性への無理解さ」「共依存」で、私の大好物ですね。彩瀬まる作品と雰囲気がちょっと似てると思…

『逆に訊きたいです。みんな、なんで自分たち住む星の中のこと、知りたくならないのか。』

伊予原新さんの「八月の銀の雪」を読みました。本屋大賞ノミネート作品7作目! 短編集でしたが、どれも科学要素が出てきて、非常に楽しく読めました。 科学要素と、各人物の悩みがもう少し深いところで繋がってると、もっと良かったなーと思いますが、でも実…

言い訳を探す日々、やめませんか

青山美智子さんの「お探し物は図書室まで」を読みました。本屋大賞ノミネート作品6作目です。 青山さんとは初対面でした。あらすじからワクワクしていましたが、本当に久々に、"元気"をもらう作品を読みました。 いや、最近読んでたのが全部バッドエンドだと…

推し × 純文学

宇佐見りんさんの「推し、燃ゆ」を読みました。 芥川賞を受賞したこと、本屋大賞にノミネートされていること、それから題名のインパクトが強いことから、結構多くの方がご存知の作品だと思います。 私も芥川賞を受賞した時に知って、読みたいと思っていたら…

『え、でも、ソーダ味好きだから…』

竹宮ゆゆこさんの「あしたはひとりにしてくれ」を読みました。 古本を買ったのですが、表紙をめくるとまさかのサインがあってビビりました…。真偽は分かりませんが、調べてみた感じ、本物っぽいです。たなぼたでした。 今回はまた、すごい方向にぶっ飛んだ作…

『そうですよね。新見先輩って冒険しない人ですもんね』

加藤シゲアキさんの「オルタネート」を読みました。本屋大賞候補4冊目です。なんだんかんだ順調だ…。残り6冊も買うだけ買いました。 めちゃくちゃ爽やかな青春小説でした。 中盤にかけての積み上げ方もすてきだし、終盤も加速して一気に盛り上がる感じがあ…

『僕は、そうは、思いません』

伊坂幸太郎さんの「逆ソクラテス」を読みました。本屋大賞候補3冊目です。 伊坂さんは、ずいぶん昔に「アヒルと鴨の~」と「死神の精度」を読んだっきりでした。 本作は、基本は小学生が主人公となる短編集で、日常の学校生活でのお話です。 基本面白く読め…

『失礼。いま何時でしょう』

田辺聖子さんの「感傷旅行」を読みました。 この前「ジョゼと虎と魚たち」を読んで度肝を抜かれた方の、芥川賞受賞作と聞いて、すぐに購入しました。 これも短編集でした。うまく表現できませんが、タイトル通りどれも感傷的な作品で、理屈よりも感情が勝る…

ニルヤの島

柴田勝家さんの「ニルヤの島」を読みました。 私の適当な提案に乗ってくださった友人から交換本として頂いたものです。 本格的なSFでした。SFは普段ほとんど読まないんですが、私の読書のルーツは星新一なので、勝手に親和性は感じてます。 本作は構成がだい…

『そうか、自転しながら公転してるんだな』

山本文緒さんの『自転しながら公転する』を読みました。 山本文緒さんは、アカペラに続いて2作目です。こちらは最新作で、彩瀬さんと凪良さんがどちらもオススメしていたので手に取りました。 登場人物への全面的な共感はできないんですけど、生活していく…

『なんだ、そのガイジンみたいな頭は』

山本文緒さんの「アカペラ」を読みました。 凪良さんが先日のトークショーで紹介されていた作品の一つです。 山本文緒さんとは初対面でしたが、一気に引き込まれました…。田辺聖子に続いて、早くもまた新たな天才と出会ってしまいました。 三作とも好きです…

『何考えててもいいけど、ちゃんとしてよ』

芦沢央さんの「汚れた手をそこで拭かない」を読みました。 芦沢さんは、「罪の余白」と「悪いものが、来ませんように」に続いて3作目です。 毎度のことですが、話の展開が気になりすぎて、すいすい読めてしまいますし、展開の意外性がすごくて好きです。 タ…

『いつかはそうなるやろ』のいつかはいつか?

田辺聖子さんの「ジョゼと虎と魚たち」を読みました。 まず、これを原作とする映画がいまやってて、暇を持て余してたので観ました。そうして、どうやら原作は短編らしいと聞いて気になり、読んだ次第です。 いや、こんな沁みる短編集だとは思ってなかったで…

2020年の本棚

2020年も終わりですね。今年は外に出ることが例年以上に少なく、その分、読書が多少捗りました。 今年はあっという間に過ぎ去ってしまったという印象がある一方、今年初めて読んだ本を確認すると「やがて海へと届く」で、あれ、これ読んだの今年か、随分遠い…

『いまからあなたはタオルじゃなくて、ぞうきんよ』

桜庭一樹さんの「赤×ピンク」を読みました。年末年始は働いてるので、謎の読書欲が爆発しなければ、多分今年最後の本です。 やっぱ桜庭さんって天才だなと思いました。桜庭さんの人間性?について、私はよく知らないので完全なイメージですけど、桜庭さんの…

「弱い羊のままのぼくで荒野を駆ける。」

凪良ゆう先生の「滅びの前のシャングリラ」発売に絡んで、オンライントークショーなるものがありましたので、参加しました。 本来なら多分東京の書店などで開催するようなものがオンラインでやって下さるとのことで、こういう点ではオンライン文化が浸透して…

ひとりだけど、ひとりぼっちじゃない

重めのお話ばっかり読んでると、たまには何も考えずに読める作品が欲しくなります。 半年ほど前、「森があふれる」の解釈でヘロヘロになってた時に、まさしく欲しくなりました。それでとある友人からオススメを頂いたのが「孤宿の人」です。 いや、宮部みゆ…

どやんすどやんすー!?

先日、九州に出張に行く機会がありました。 コロナ情勢がやや不安な中でしたが、滅多にない出張なのと、あと佐賀県と大分県への宿泊で47都道府県コンプという状況だったので、出張後に旅に出ました。 佐賀県といって思いつくのが「ゾンビランドサガ」しか無…

麦チョコなつかしい

こんなに読書好きを公言しておきながら、実はこれまで芥川賞作品を読んだことがありませんでした。 芥川賞って、なんだか難しい作品が多そうなんだよな…というのが主な理由です。食わず嫌いですね。 ただ、純文学に対する偏見を見直せる機会があって、一度読…

「俺たちは──バーバリアン・スキル!』

『バーバリアン・スキルには、観劇する際のお約束があります!まず一つ!おもしろかったら、笑って下さい。二つ!悲しかったら、泣いて下さい。三つ!つまらなかったら、怒って下さい。』 竹宮ゆゆこ氏の「いいからしばらく黙ってろ!」を読みました。 キャ…

隕石が落ちてみんな死ぬ話

凪良ゆうさんの新刊「滅びの前のシャングリラ」を読みました。 感想は正直、今は一言ではまとめられません。今まで倫理観は不可侵領域だと思ってたんですけど、倫理観までぶっ壊しにかかってくる化け物でした。(誤解のないようにいうと、とても読んで良かっ…

コボちゃんを鳥山が描いている世界線を目指して

「あなたはここで、息ができるの?」を読みました。 いやぁ、最高に"竹宮ゆゆこ"でした!竹宮ゆゆこさんの魅力は一つ前の記事にまとめましたが、本作はまさしくと言った感じでした。 時間ループものと帯に書いてあって、怒涛のメタファーに時間ループまで足…

ジャンル「竹宮ゆゆこ」について

「あなたはここで、息ができるの?」の感想を書こうと思ったのですが、竹宮ゆゆこオタクすぎて、竹宮ゆゆこさんにまつわる話だけでボリューミーになってしまったので、分けます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 中学生の頃、周囲の友達が所謂オ…

永遠なれ

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の映画を観ました。 最近涙腺はゆるゆるなんですけど、それにしてもマスクがぐちょぐちょになりました。外伝を含めて、映画館で泣いた唯一の作品です。「泣ける=良い」ではないと思っているので、この表現を感想とする…

小説でしか聴けない音楽

恩田陸さんは結構有名な方だと思うけど、私の中では大変昔に「光の帝国 常野物語」を読んだきりの状態でした(もはや内容も完全に忘れ去られている)。 「蜜蜂と遠雷」は、直木賞・本屋大賞を獲った作品であるし、ピアノを弾いていた経験もあることから興味は…

ドモネ!手ミーだ!

UNDERTALEとの出会いは、2019年末。前々から色んな人にオススメして貰っていて、ちょうどSwitchセールで1000円くらいだった時に買って始めました。今考えると1000円でこれってやばすぎるな…。 代表的な3ルート、クリアしました。 自分のワクワク感に120%の返…

文明が衰退した世界をゆく旅人

人ノ町は、完全に表紙買いです。小説を表紙買いしてもあんまりいいことないんですけどね…。 とはいえ、この人ノ町は、読んで良かったです。これをSFと呼んでいいのか分からないけど、SFを久々に読みました。 ミステリー要素もありながらだったので、段々と明…