ずっとお城で暮らしてる

趣味にまつわる記録簿です。小説の感想がほとんどです。

読書

黒牢城で渦巻く"信念"

米澤穂信さんの『黒牢城』を読みました。 発売当初に買っていたのですが、見た目からして重厚感が凄そうで、しばらく積読して熟成させていました。時代小説を普段はほとんど読まないので、戦国×ミステリという物々しさにちょっと手が出てなかったのもありま…

ミステリ × マジック

相沢沙呼さんの『午前零時のサンドリヨン』を読みました。 mediumを読了したはるか昔に、友人にオススメして頂いたのが買ったきっかけだったような気がします。 久々にザ・日常の謎作品を読み、大満足でした。medium/invertとはジャンルが違うわけだけれども…

『エスキース』が見たい

青山美智子さんの『赤と青とエスキース』を読みました。 青山さん作品は3作目です。本作は最新作なのですが、青山さんがTwitterでRTしていたプルーフ本の感想が気になって、買ってしまいました。販促に見事引っかかっています。 これまで読んだ2作と共通する…

地獄のサラミちゃん

よしもとばななさんの『ジュージュー』を読みました。 よしもとばななさんの幻想的な作品は、定期的に読みたくなります。本作はページ数が少ないこともあり、ふと手が伸びて読みました。 ジャンル・よしもとばななに関してはあんまり詳しくないのですが、そ…

宮田と江永

武田綾乃さんの『愛されなくても別に』を読みました。 吉川英治文学新人賞を受賞されているということで目が留まりました。この文学賞の存在を今回初めて知りました。 大学生が"普通"や"不幸"と向き合っていくお話です。家族というか親子関係が大きなテーマ…

ジャンル"竹宮ゆゆこ"の入門にオススメ

竹宮ゆゆこさんの『応えろ生きてる星』を読みました。 竹宮ゆゆこさんの作品(一般文芸)のまだ読んでない小説は、本作を含めてかなり前からすべて積読しています。でも、もったいなくてもったいなくて…!竹宮ゆゆこ成分は貴重なのですよ。 最近竹宮ゆゆこ成分…

友よ、最上のものを

伊吹有喜さんの『彼方の友へ』を読みました。 伊吹さんは、今年の本屋大賞候補であった『犬がいた季節』で出会いました。別作品も手を出したいなぁと思って探したところ、私の好きな時代設定っぽい作品を見つけたので迷わず読みました。 いや〜予感的中でし…

朝からかつ丼はきつい

瀬尾まいこさんの『そして、バトンは渡された』を読みました。 瀬尾さんとは今回が初対面です。本作は本屋大賞受賞作なので知っていて、かなり前から読みたいと思っていた作品でした。 いざ読み始めてみると、手が止まらない止まらない。それなりに厚めの本…

『ホットココアを、お願いします』

青山美智子さんの『木曜日にはココアを』を読みました。 青山さんは、今年の本屋大賞候補になっていた『お探し物は図書室まで』が初対面で、候補10作の中で最も個人的に気に入った作品の一つでした。 普段の私は割と重め、暗めな作品を選んでしまう傾向があ…

じょうしにいんかんをていしゅつするときは

彩瀬まるさんの『川のほとりで羽化するぼくら』を読みました。 方向性としては、『くちなし』とか『森があふれる』に近いのかな。現代の生々しさと、非常に幻想的な雰囲気が両立していて、ザ・彩瀬さんの世界観でした。 自分"らしく"と言うけれど、果たして…

月への祈り

石井ゆかりさんの『月のとびら』を読みました。 以前読んで大好きな、青山美智子さんの『お探し物は図書室まで』で登場した作品で、とても気になってしまって読みました。 『月』というものを、人々がこれまでから現在にかけてどう解釈し、付き合い、祈りの…

うーちゃんとかか

宇佐見りんさんの『かか』を読みました。 本屋大賞の時に読んだ、芥川賞受賞作『推し、燃ゆ』で度肝を抜かれたので、同じく色々と賞を受賞されていて、かつデビュー作という本作を読みました。 本作もえげつない表現力が爆発していました。うーちゃんの感情…

異形性変異症候群

黒澤いづみさんの『人間に向いてない』を読みました。 随分前に、たしか彩瀬まるさんがTwitterでオススメしていたので知って、ずっと気になっていたのですが、ようやく読めました。 知識は全くないのですが、ちょっと特殊な作品に贈られるというメフィスト賞…

チョコレートグラミー

町田そのこさんの『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』を読みました。 町田さんは、本屋大賞の52ヘルツに続いて2作目ですが、早速とんでもない作品に出会ってしまいました。 なによりもタイトルがお洒落ですね。そして解説でも触れられていましたが、書き出し…

こんなに最高のオチが他にあるだろうか?

北村薫さんの『覆面作家の夢の家』を読みました。 覆面作家シリーズ、堂々の完結です。ずっと勿体無くて読めていなかったのですが、ようやく意を決して読みました。 はい、最高でした。北村薫さんの創り出す世界って、めちゃくちゃお洒落なんですよね。会話…

城塚翡翠の人間味について

相沢沙呼さんの個人的2作目、そして城塚翡翠シリーズ(?)2作目である『invert 城塚翡翠倒叙集』を読みました。 端的に言って、最高でした。 シリーズ1作目であれだけのどんでん返しが行われた後だというのにも関わらず、非常に自然な流れの2作目となっ…

東京ディストピア日記

桜庭一樹さんの『東京ディストピア日記』を読みました。 これは小説ではなく、桜庭さんが私的につけている日記をまとめ上げたものになります。ちょうどコロナが流行する前の2020年1月から、2021年1月までの期間を断片的に流れていくものになります。 あんま…

推定少女

桜庭一樹さんの『推定少女』を読みました。 桜庭さんお得意の家出少女です。本作はザ・桜庭作品といえるくらいな描きっぷりでありつつ、結構大掛かりなSF要素も入っており、とても楽しめました。 中高生の、中高生特有の息苦しさをこんなにも鮮やかに、そし…

余韻最強短編集

田辺聖子さんの「孤独な夜のココア」を読みました。 バリバリ恋愛小説の短編集でした。今回もまた、田辺聖子さんの天才ぶりに感嘆するしかありませんでした。 昭和58年…私が生まれる前の時代にこんなものを書いて、令和になって読んだ私をブッ刺してくるのは…

『私より、仁胡瑠の方がずっと変わってるよ』

彩瀬まるさんの「草原のサーカス」を読みました。 彩瀬さんの長編、大好きなんです。いや、短編も大好きなんですが。長編でいくと、「珠玉」ぶり? (追記・今回いつも以上に自分の話にすり替わってます…ご容赦ください) 彩瀬さんの長編って、彩瀬さんが隣で…

平安朝のシンデレラ

田辺聖子さんの「おちくぼ姫」を読みました。 本作は、落窪物語という古典作品を田辺さんが現代風に書き起こした作品です。 全く馴染みのない時代なのですが、我々がつまづきそうな所には本文中に説明を挟んでくれるという田辺さん独特の文体によって、ずん…

出会いすぎる曲がり角

講談社の「非日常の謎」を読みました。 複数の小説家さんが上記タイトルをテーマとした短編を寄せている作品です。凪良さんがそのうちの一人なので、喜んで読みました。 テーマの通り、スパイスの効いた面白いミステリ集でした。「非日常」とわざわざ銘打っ…

本屋大賞2021ノミネート読破

本屋大賞2021ノミネート作品10作を、すべて読みました。 比較的ミーハーな人間なので、前々から、何かしらの文学賞のノミネート作読破とかやってみたいな〜本屋大賞がやりやすそうだな〜と思っていました。 そして今年2021年のノミネート作品には、偶然にも2…

『ぶんげいぶ?』

深緑野分さんの「この本を盗む者は」を読みました。 本屋大賞ノミネート作品10作目!!無事に読み切りました。総まとめは次の機会に。 深緑さんとは初対面でした。見るからに分厚く、またファンタジーっぽかったので最後に取っておきました。 すごく独特な世…

コーシローと光司郎

伊吹有喜さんの「犬がいた季節」を読みました。 本屋大賞ノミネート9作目!伊吹さんとは完全に初対面です。 6話からなる短編集ですが、1話ごとに「切ね~~~~」ともだえるような作品集でした。非常にセンチメンタルな気分にさせてくれる素敵な小説でし…

『あんた、人生の無駄遣いやがね』

町田そのこさんの「52ヘルツのクジラたち」を読みました。 本屋大賞ノミネート作品8作目!10作読破の目処が完全につきました。 テーマは「家族の呪縛」「多様性への無理解さ」「共依存」で、私の大好物ですね。彩瀬まる作品と雰囲気がちょっと似てると思…

『逆に訊きたいです。みんな、なんで自分たち住む星の中のこと、知りたくならないのか。』

伊予原新さんの「八月の銀の雪」を読みました。本屋大賞ノミネート作品7作目! 短編集でしたが、どれも科学要素が出てきて、非常に楽しく読めました。 科学要素と、各人物の悩みがもう少し深いところで繋がってると、もっと良かったなーと思いますが、でも実…

言い訳を探す日々、やめませんか

青山美智子さんの「お探し物は図書室まで」を読みました。本屋大賞ノミネート作品6作目です。 青山さんとは初対面でした。あらすじからワクワクしていましたが、本当に久々に、"元気"をもらう作品を読みました。 いや、最近読んでたのが全部バッドエンドだと…

推し × 純文学

宇佐見りんさんの「推し、燃ゆ」を読みました。 芥川賞を受賞したこと、本屋大賞にノミネートされていること、それから題名のインパクトが強いことから、結構多くの方がご存知の作品だと思います。 私も芥川賞を受賞した時に知って、読みたいと思っていたら…

『え、でも、ソーダ味好きだから…』

竹宮ゆゆこさんの「あしたはひとりにしてくれ」を読みました。 古本を買ったのですが、表紙をめくるとまさかのサインがあってビビりました…。真偽は分かりませんが、調べてみた感じ、本物っぽいです。たなぼたでした。 今回はまた、すごい方向にぶっ飛んだ作…